勃起障害の年齢とリスクについて語ろう

勃起障害の年齢とリスクについて語ろう

勃起障害の原因として、常に上位にランクインするのが年齢です。男性の勃起力は年齢と共に減退するのが普通です。個人差はありますが10代後半から30代前半までが、男性機能のピークとなります。35歳以降はじわじわと勃起力が低下していきます。
またその年齢よりも早く勃起力が低下する事例が近年増えてきており、若者の勃起障害も社会問題化しています。ただ、基本的には40代以降の男性陣が抱える健康リスクであり、男性ホルモンの分泌量が年齢の影響を受けて減るため、ペニスが立ちづらくなる症状が出ます。
中折れも深刻な問題ですので中折れ対策法など何か有効な方法を見つけなければいけませんね。

 

ただ単にペニスが立ちづらくなる程度の症状なら、時間をかけて下半身を刺激すればきちんと勃起します。しかし、性的な刺激をパートナーから長時間かけて受けているのに、全然ペニスが勃起しない日が続いたら、それは勃起障害だと疑ってみる必要があります。
勃起障害は加齢の影響でなりやすい問題ですが、40代から50代の男性であれば勃起力こそ若者に比べて落ちるものの、性欲と男性機能は健在であるのが普通です。完全に勃起しない日が続くようであれば、それはメタボリックシンドロームやうつ病、ストレスなどの影響による勃起障害だと疑ってみる必要が出てきています。